産後の肩こり原因とエクササイズについて

日常

こんにちは、東広島市西条のつくし鍼灸接骨院の中島です。

今回は肩こりについてお伝えしていきます。

産後の方は特にお子様の抱っこが多い事や授乳の姿勢で頭が前に倒れて体を丸くした姿勢が多くなります。

頭自体が5~6㎏の重さがあり、姿勢が崩れ頭が前に倒れていると首~背中にかけてその重さのストレスが加わるようになります。

さらにお子様を抱っこする事により、お子様の体重も加わるようになりかなりのストレスになります。

肩こりとは、首~肩にかけのて筋肉に持続的伸長ストレスで疲労物質が筋肉に蓄積しハリ感や痛みのなって症状が出てきます。

あともう一つ肩こりになる原因が左右の体の歪みです。

お子様を抱っこする際に、どちらか同じ方向で抱っこをしていることはありませんか?

そうすると、お子様を抱えている方向に体を捻る事が多くなり、その方向にだんだん体が歪んでいってしまいます。

頭が前に倒れた姿勢や、身体を左右に捻った姿勢での抱っこが原因で肩こりの症状が誘発されます。

今回は体の歪みを改善するエクササイズをご紹介します。

横向きに寝て、上の足を前にクロスするように下ろします。

両腕を揃えて胸の高さでまっすぐ伸ばします。

息を吐きながら、上にある腕を目線で追いながら開いていきます。

(目線で腕を追い顔も動かすことで胸椎が動きが出て背骨の矯正になります)

左右を10回を目安に行って下さい。

痛みがある場合は無理に行わないで下さい。

肩こりなどお身体でお困りの方はご相談下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ