産後はなぜ骨盤が歪むのか!

日常

骨盤が開くメカニズムとしては妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌され、このホルモンは、産道を確保するために骨盤の靭帯や骨盤底筋をゆるめ、骨盤を開きやすくします。開いた骨盤は、産後だいたい6ヶ月程かけて徐々に元の位置に戻っていきますが妊娠期間中に筋力が低下してしまっていることや、妊娠前に骨盤がすでに歪んでしまっていると、骨盤は正常な位置に戻りにくくなってしまいます。また、子育て時の抱っこや授乳時の格好や日常的な姿勢の悪さなどでゆるんだ骨盤はどんどん歪んでいってしまうのです。そして骨盤が歪んでいくと様々な不調があらわれます。

● 冷え性
● むくみ
● 便秘
● 尿漏れ
● 腰痛
● 股関節痛
● 新陳代謝の低下により痩せにくい
● 疲れやすくなる
● 肌荒れ
この他にもプロポーションが崩れる可能性があるので産後は放ったらかしにせずしっかりケアをしましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ