乳腺炎

日常

できることなら痛い思いをせずに、授乳期を過ごしたいものです。今回は、授乳中になる確率が高い「乳腺炎」について少しお話します。

乳腺に母乳がたまり、つまってしまうことで乳腺炎を起こしてしまう事が多いのですがそもそもなぜつまってしまうのか?

● 脂肪分が多く、高カロリーな食事で母乳がドロドロになってしまう。
● きついブラジャーや姿勢の悪さなどによる胸部圧迫。
● 赤ちゃんの母乳の飲み方が偏っていて、バランスが悪い。
● 授乳間隔にばらつきが大きかったり、母乳の飲み残しがあったりする。

このような事が乳腺炎の原因になっていると考えられます!

授乳をしているママの約2~3割が乳腺炎になると言われ症状も様々です!

● 胸が熱を持ち、しこりができる
● 胸が赤くなる
● 胸を圧迫すると痛い
● 熱、寒気、頭痛、関節痛
● 腕を上げたり子供を抱っこすると胸のあたりが痛む
● 黄色っぽい母乳が出る

この様な症状がでた場合は高い可能性で乳腺炎だと思われます。
あてはまる方は一度病院に受診してみて下さい!

今度はちょっとした対処法についてアップしたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト