『食べる事』を考える〜産後ママ〜

日常

東広島市西条のつくし鍼灸接骨院の丸井です。

いつしかの、院内の名言集に

食べるために生きるな

生きるために食べよ

という言葉がありました。

!!!!!!(*☻-☻*)!!!!!!

びっくりポンでした…笑

でも、言われてみればたしかに…という言葉ですよね。私達の体は食べた物でできています。自分達で選び口にしたものが血となり肉となり、私達自身の身体を作ってくれています。私は独身一人暮らしなので、今は私1人のこと…

ですが、お母さん達はそうは行きません。

可愛らしいお子さんがお母さんに宿ってからは、お母さんの身体は1人だけのものではなくなってきます。

もちろん私みたいな独身でも、大切な家族がいます。

男性だって、守るべき家族、大切な人がいるはずです。

なので、自分の身体というのは自分だけのもののようで決してそうではないのです。

私の大好きな細川モモさんという方のブログにこうありました。

健康が赤ちゃんへの一番のプレゼント…

健康は天に与えられるものではなく、毎日の食事によって作っていくもの。お母さんの食や栄養に関しての興味、関心、知識が赤ちゃんの発育、発達や家族の健康を守る事につながります。

どんな素敵な贈り物よりも、赤ちゃんにとって家族にとって健康が何よりも勝る贈り物なんですよね。

富豊かであっても、身体が豊かでなければその富は何の役にも立ちません。

富豊かでなくても、とにかく健康であれば、その先の人生、運命は自分自身の力で何とでも帰ることができ、たくさんのチャンスを得る事が出来るのです。

だから、お母さんはもちろん、身の回りに大切な人がいて、その人の幸せを願うのなら、自分自身の健康と大切な人の健康という、最高の贈り物をしてあげてください。

でも!!

お母さん達!!!頑張りすぎないで!

これは絶対必要なルールです(๑・̑◡・̑๑)

全てを完璧にこなそうとしない。

1人で全部をしない。

妊娠前の仕事量と同じように出来るとは思わない。自分自身に求めない。

家庭それぞれのルールを作ってみてください。お母さんもお父さんも、お兄ちゃんも、お姉ちゃんも、それぞれが、お互いを助け合えるように…お互いの幸せを思いながら生活出来るように…

お母さんが笑顔なら、家族はみーんな幸せで嬉しいんです!!!

だから無理だけはしないでくださいね(๑・̑◡・̑๑)

ここでいくつか食事のポイントを╰(*´︶`*)╯♡

身体と心に優しい食事のポイント(๑・̑◡・̑๑)

1空腹を感じてから食べる

腹八分がポイントです( ^∀^)

2身体を冷やさないメニューを

朝食欲がなく食べれない時もジンジャーティーなどをのんで身体を温めましょう(*☻-☻*)

3食事は白湯を飲みながら

白湯には沢山の効果があります。とくに胃腸の消化酵素を効率よく働かせてくれます。

あとはよーく噛んでね( ͡° ͜ʖ ͡°)

4食事そのものを楽しむ

ながらでなんとなーく食べるのではなく、味わい、共に食べる人がいれば、会話を楽しみ、食に感謝しながら食べる事そのものを楽しんでください╰(*´︶`*)╯♡

5心をほぐす食材も大切

栄養バランスは確かに大切…でもそれでギスギスしてしまうと本末転倒( ͡° ͜ʖ ͡°)心をほぐすためのケーキやチョコレートなども必要な時もありますょ(๑・̑◡・̑๑)

ジャンクなものも乗ってますが…私の一家失礼します…笑

でも、好きな人とみんなが元気で楽しく1つのテーブルを囲んで食事をすると

こんなにも、みんなが笑顔になるんですよね(๑・̑◡・̑๑)私はこの時間が1番幸せな時間です(*☻-☻*)誰とどう食事をとるのか…これも大切なポイントです╰(*´︶`*)╯♡

朝の過ごし方ポイント

1朝日を1分以上浴びる

朝起きて朝日を浴びる事で、体内時計が1度リセットされます╰(*´︶`*)╯♡

さらに更に!ビタミンDが生成されます。

2タンパク質のある朝ごはんを

シラスや鮭、納豆、などを積極的な取りましょう。免疫機能が上がるビタミンDや骨の健康を保つビタミンKも取ることが出来ます╰(*´︶`*)╯♡

これに味噌汁なんかあるといいですねー╰(*´︶`*)╯♡

皆さんそれぞれの健康方法や

食事方法があると思います。

なので今回紹介するのもごく一部で…

今回の記事で食に興味を持ってくださったら、まずは、ご自身で色々調べてみてください!そして試して、ご自身に合うものをチョイスしていってください。

私もアーユルヴェーダや東洋医学、様々な人の本を読んで学び、試しながら試行錯誤中です(*☻-☻*)

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト