寝違え、朝を起きた時の首の痛み

症例解説, 首の痛み・肩の痛み

日には痛みがなかったのに、朝起きた時に感じる首の痛み。いわゆる寝違えの症状についてご説明します。
寝違いとは不自然な姿勢で眠り続けた時に筋肉に無理な力がかかる症状です。

しかし、原因というのは寝ている姿勢にない場合が多いです。なぜなら寝ている姿勢は無意識である場合が多く、寝始める時に気を付けていても起床時には体勢が変わります。痛くなる状態というのは、筋肉が伸ばされている姿勢を長時間取る事で起こります。
寝違えの原因というのは日常生活で首に負担がかかる姿勢で起こります。

通常、正しい姿勢というのは首、背中、腰、骨盤とカーブがそれぞれある姿勢になります。
この姿勢は横からみるとS字のカーブの姿勢になり頭の重さを背骨のカーブで支えています。
寝違えが起こる時はこの姿勢が崩れた時、特に首、背骨の歪みが強くなる事により負担が増えます。首の骨(頸椎)というのは前に弯曲、背中の骨は後ろに弯曲している形が正しい姿勢になります。
しかし、首に負担がかかる姿勢は頭が前に倒れ、首の骨のカーブが少なくなります。
そして頭の重さが前にかかるので、バランスを取り背中を丸くし後ろへカーブを強くしてしまう姿勢になります。

この姿勢では背骨で頭の重さを支える事が出来ず、首、肩まわりの筋肉の緊張で頭を支えるため負担になり筋肉の緊張が増します。この緊張感が増した状態で筋肉が引っ張られるような姿勢で寝ると寝違えの症状が出てしまいます。

首の痛みには頸椎椎間板ヘルニアなどの神経を圧迫してしまう事により痛む場合や、熱など風邪症状(感冒)により痛みが出る場合があります。
当院では検査を行い、これらの疾患の鑑別をして治療を行っていきます。

治療内容としては首の痛みに対して、痛みを取り除く超音波治療や、上記で述べたとおり首の筋肉の緊張を緩めるために鍼灸治療を行っていきます。痛みと言うのは数回治療を行い、日にちが経過していくと改善していきます。

しかし、首の痛みを改善する治療のみでは再び痛みが出る可能性があります。ですので、上記で述べたような原因である骨格の矯正を行い背骨、骨盤の歪みを整える治療を行っていきます。

首の痛みは仕事や日常生活に影響を及ぼし、不安が多いと思います。首の痛みで悩まれている方は一度ご相談ください。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト