長時間、足の痛みとシビレで歩けない(腰部脊柱管狭窄症)

手の痛み・肘の痛み・脚の痛み, 症例解説, 腰痛・背中の痛み

腰骨のクッションの役割をしている腰椎椎間板は、20代前半から変性が始まっていて、椎間板の変性に陥ると椎間の間が狭くなってしまいます。変性が進むと、椎骨の所々に骨のトゲが形成がみられたり、黄色靭帯や椎間関節の肥厚により、脊柱管が狭くなって、慢性的に管内の神経が圧迫されると、腰痛や下肢神経症状が出現します。その様な状態を「腰部脊柱管狭窄症」と言います。

初期に腰痛が認められます。歩行時に腰痛、下肢痛、陰部にかけての違和感、しびれ感が出ます。少し休みをとったり、体を前かがみにすることで症状が消える、間欠性跛行(かんけつはこう)がみられます。

腰部脊柱管狭窄症は、馬尾型、神経根型、混合型と分類されます。

馬尾型は、足の痛みはなく、しびれ感やダルさ、膀胱障害(頻尿・残尿感・便秘症状)が認められることがあります。

神経根型は足の痛みが主訴になります。片側に歩行障害が認められることが多いです。

両方の症状が合併してる場合は、混合と分類されます。

20代~30代で間欠性跛行がみられる場合、先天性あるいは軟骨形成不全による発育性の狭窄が考えられます。30代、40代では分離すべり症によるものが多く、50代以降は、退行変性によることが多い。

すぐ手術療法を選択することはないが、ある程度経過観察しても、日常生活の動作に支障があれば、治療が必要です。

前述に脊柱管狭窄症では間欠性跛行を呈する記載がありましたが、その他に抹消動脈疾患(PAD)が挙げられます。

近年動脈硬化疾患の増加に伴い、下肢閉塞性動脈硬化症も増加しています。

脊柱管狭窄症と下肢閉塞性動脈硬化症は年齢的にも同様に60歳以上に発症することから合併が見逃されやすくなっています。

下肢閉塞性動脈硬化症は動脈硬化疾患のため心臓や脳の動脈も硬くなっているため、心筋梗塞、脳卒中などを患い生命予後(長生き出来る可能性)も悪くなります。

間欠性跛行を呈する患者のうち、脊柱管狭窄症によるものが72%、下肢閉塞性動脈硬化症によるものが11%、合併しているものが14%というデータもあります。

ここで、動脈硬化症を見逃してしまうと後々、心筋梗塞、脳卒中に繋がる危険性があるためしっかり判断しなければなりません。

脊柱管狭窄症と下肢閉塞性動脈硬化症では治療法が異なるため、下肢閉塞性動脈硬化症とわかり次第、食事指導、運動、必要であれば病院にて投薬(シロスタゾール、塩酸サルボグレラート)してもらうのも選択肢としてはあります。

脊柱管狭窄症と下肢閉塞性動脈硬化症は症状が似ていると言われますが、脊柱管狭窄症では歩いていて痛みやしびれが出ても前かがみになって休憩すると再度歩けるようになるのですが、下肢閉塞性動脈硬化症は姿勢の変化に関係しないという大きな違いがあるのでご来院して状態を確認すればその判断は可能です。

 

当院の治療としては、まず全身の骨格の検査やどこの領域で痺れが出ているかを確認します。

検査を元に治療内容は異なりますが、全身のバランスの調整、鍼灸治療により筋肉の硬さの軽減、ストレッチによる可動域の改善を行います。

例え痛みが落ち着いても、椎間板にストレスが加わる事が取れていなければ再発のリスクが高くなります。

根本的な治療が必要になります。

 

症状が思い当たる方は、ぜひご相談ください。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト