産後の恥骨の痛み

その他, 症例解説

皆さんおはようございます!つくし鍼灸接骨院院長小西です。
今日は産後の方によく診られる「恥骨の痛み」について記載したいと思います。
まず恥骨ってどこ?ってなると思います。
矢印の所が恥骨になります。
産後の恥骨の痛みについて産科の領域では「恥骨結合離開」といわれ診断されることがあります。
どのぐらい離開すると痛みや症状がでるのかという統一の見解はなく、恥骨部の痛みと骨盤の関節のズレに伴う左右の恥骨のズレを認めます。
図で示すとこのような具合です。

原因も特にわかっていませんが、考えられる理由としてはもともとの骨盤のズレがあり、産後は「リラキシン」というホルモンの作用で関節が柔らかくなります。
柔らかくなったところに分娩時の産道の確保、体重の増加やお子様の抱っこの仕方などの様々な理由で恥骨にストレスがかかり痛みが出現すると考えられます。
治療に関してですが、まずは恥骨のずれを修正します。
恥骨は骨盤の関節(仙腸関節)と連続しているため骨盤のずれを治せば恥骨のずれも修正されていきます。
そうすると一ヶ月もすれば痛みがでにくくなってきくます。
あとはPilatesで改善します。
ピラティスレッスンでは日々歪みが出てくる骨盤の修正方法をお伝えし改善するエクササイズも行っております。
骨盤修正エクササイズはこちら↓
わからないことがあれば是非つくしスタッフまでご質問くださいませ。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト