足指が痺れる・痛む(モートン病)

手の痛み・肘の痛み・脚の痛み, 症例解説


モートン病とは、絞扼性神経障害といい、足趾の第3、4趾間の足底部にしびれ、疼痛、灼熱感などの神経症状が現れる疾患です。
歩行時痛や足底部の感覚が鈍くなる事があります。

感覚神経のみの絞扼なので感覚の障害が主になり、運動神経は障害されないので動きが鈍くなることはありません。

原因としては、扁平足、外反母趾、ハイヒールを長時間常用している方、中腰作業でつま先荷重になっている方が多く発症する事があります。

扁平足、外反母趾等で、土踏まずが潰れてしまい特に重要な横アーチが潰れてしまう事で、深横中骨靭帯と滑液包が総足底趾神経を挟みこんでしまい症状が誘発されてしまいます。

横アーチが潰れてしまい足の機能がきちんと働かない状態でに歩くことにより深横中骨靭帯と滑液包が繰り返し衝撃を受け滑液包が炎症を起こし神経を圧迫して症状を誘発したり、仮性神経腫と呼ばれる有痛性の神経腫が形成され症状を誘発する事があります。

有痛性の神経腫が形成された場合は、手術療法が適応になる場合があります。

扁平足や外反母
趾があっても横アーチが潰れていなければ症状がでないこともあります。

扁平足とは、足の土踏まずが潰れている状態を指します、土踏まずを形成する3つのアーチがあり内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つから形成されています。扁平足は、内側縦アーチが潰れてしまっている状態を指します。

また扁平足や外反母趾もなく開張足があると横アーチが潰れてしまい症状が出ることもあります。


開張足とは、横アーチが潰れて指の間隔が広くなっている状態を言います。

中腰作業で重心が前に倒れてつま先へ体重が加わりやすくなっていたり、ハイヒールを長時間履いているとつま先立ちのような姿勢に長くなってしまい足へのストレスが大きくなってしまいます。

つま先立ちのような姿勢を長くしていると先ほど説明した横アーチを潰しながら体重をかけてしまっているので神経を直接圧迫する姿勢になってしまい症状を誘発してしまいます。

歩行時の足の機能不全、身体の使い方が大きく症状に関わってきます。

治療方法として、保存療法と手術療法があります。

保存療法の場合、横アーチの改善、立位での重心がつま先荷重になりストレスを受け入てい事があるので重心の位置の改善、歩行時の足の機能不全を改善していく治療を行っていきます。

現在は保存療法できちんと治療を行えば治るようになっています。

そういった問題が解決できれば症状は改善致します。

足の症状でお困りの方は一度お電話でご相談下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト