腰の痛みと脚の痺れ(腰椎椎間板ヘルニア)

症例解説, 腰痛・背中の痛み

腰椎椎間板ヘルニアとは、安静時に腰痛や脚に痛みや痺れなどの症状をだしMRIなどで椎間板が突出しているように見える状態の事をいい20~40代の男性に多いと言われています。病因としては20歳前半ぐらいから生理的な加齢性変化が始まり負荷などの物理的ストレスを常に腰椎に受けているが、歪みが強い人や肉体労働の人はよりストレスを多く受けています。この物理的刺激が椎間板に小さな亀裂や断裂を起こしヘルニアは発生します。

症状としては、腰痛・下肢痛(脚の痛み)や痺れ感が特徴的で腰椎のどの高さの障害かで症状が異なります。
○腰椎3・4番の障害
いわゆる坐骨神経痛を訴え大腿四頭筋(股関節を曲げたり、膝を伸ばす筋肉)の筋力低下や太ももの前や膝から下の内側に痛みや痺れを起こします。
○腰椎4・5番の障害
前脛骨筋(足首を上に上げる筋肉)長母趾伸筋(足の指を上に上げる筋肉)の筋力低下、膝から下の外側の痛みや痺れを起こします。
○腰椎5番・仙椎1番
腓腹筋(足首を下に下げる筋肉)や長母趾屈筋(足の指を曲げる筋肉)の筋力低下や足の裏の痛みや痺れを起こします。

これらの症状の原因となる腰椎へのストレスは、日常生活の動作からくる骨格の歪みや筋肉のアンバランスが関係します。
当院では、病院で診るような腰椎椎間板ヘルニアを診る徒手的な検査や立っている姿勢、歩いている姿勢を確認させて頂き、原因を特定した上で治療を行います。
治療としましては、原因である骨格の歪みに対して行う骨格矯正、腰の筋肉や骨格の歪みを招く筋肉に対して鍼灸治療を行います。

痛みや痺れで悩まれている方はご相談くださいませ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト