立ち上がりや歩きはじめの膝の痛み

手の痛み・肘の痛み・脚の痛み, 症例解説

中高年の方、特に女性に多い膝の痛みの約25~40%は変形性膝関節症による痛みの場合が多いです。
痛みの特徴としては、動き始めの時に痛みが出る、正座をする事が困難などの特徴があります。
例えば座っていて立ち上がろうとした時に痛みがある、歩き始めや階段の上り降りで痛みがある場合は注意が必要です。

他にも特徴として、膝の内側を押さえると痛みがある、膝を曲げた際に痛みがある場合もあります。

変形性膝関節症は関節軟骨のすり減りが進みます。
関節軟骨のすり減りが進むと、軟骨への過剰な負荷が増え変形に繋がります。
ですので、進行性の疾患でもあるため早めの治療であればあるほど改善しやすいです。

そして膝の痛みは関節軟骨のすり減りが原因によって痛みが出る訳ではありません。すり減りが原因であれば痛みは続きます。
つまり、痛みの原因というのは膝の関節への過剰な負担です。
その過剰な負担は、立ち方や座り方の姿勢が悪い事で骨格が歪む事や歩き方に問題がある事で増えていきます。
頭が前へ出て背中を丸くしている姿勢では、骨盤を後ろに傾けて姿勢を保っています。この姿勢では、膝が曲がってしまい膝への負担が増えて痛みや変形に繋がります。

当院では膝関節への局所の治療はもちろんの事、どのようにして膝への負担がかかっているのかを歩き方やお身体を診させて頂き治療をします。

治療としては原因である骨格の歪みを改善し膝への負担を減らし、膝の痛みの原因の筋肉に対しては鍼治療、関節の痛みに対して灸治療を行い痛みの軽減を図ります。

膝の痛みでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ