首・肩甲骨周辺の痛み(頚部神経根症)

症例解説, 首の痛み・肩の痛み

首の痛みで多くみられる「頚椎症(けいついしょう)」は、首の骨と骨の間にあるクッション(椎間板)が加齢的変化を生じた椎間板ヘルニアや骨の変形や関節の異常な動きなどによって頚椎を構成する組織(椎間関節、靭帯など、神経根、脊髄など)への刺激や圧迫、あるいは首を通る椎骨動脈の血流不全が生じ、何らかの症状が発現したもので、原因としては不良姿勢を長年続けていたために頚椎にストレスが加わることや、他の関節の動きが悪いため首の動きで代償してしまい、頚椎にストレスが加わるなど原因は様々です。

頚椎椎間板ヘルニア以外の頚椎症では強い頚部痛を生じることはむしろ少なく、頚椎症の痛みの程度は頚部の運動によって増減し、特に、頚椎の後屈(後ろに曲げる、上を向く)で増悪します。圧迫する組織によって症状は多岐に渡るため、ここでは頚部神経根症の場合を紹介します。

頚部神経根症は

頚部の痛みから始まり、肩甲骨周辺の痛みや腕にかけて放散する痛みが出ます。

40代~50代男性に多く診られる疾患で、10代20代は稀に発症します。

まず、頚部を後ろへ倒し、頭を横に倒した状態から下方に圧迫を加える(スパーリングテスト)と頚部から肩、腕、手指に放散する疼痛が再現される。頚部神経根症の場合、しびれが片手にあり、手・指の背側(手の甲)に現れる。朝に改善されていて、夕方に強く出る。

障害を受けている神経根で現れる症状に違いがある。

C7の神経根の場合

頚部神経根症の中で最も発症する頻度が高く、肩甲間部、上肢後側に痛みがあり、示指・中指にしびれを感じる。

C5、C6の神経根の場合

肩甲骨上部に痛みを感じる。その際に母指にしびれや上腕・肘・前腕の橈側に痛みがあれば、C6の神経根症である。

神経根症のほとんどは保存療法で対応されることが多い。自覚症状として頚部痛、腕のしびれ・痛み・脱力感があるが、神経根症の自然経過の調査症例(137例)をみると、改善が59%(81例)ともっとも多く、変わらない28%(38例)、悪化13%(18例)と悪化例は少ない。症状別でみると、腕の痛み、頚部の痛みが改善されやすく、悪化例も少ない。

 

当院の治療としては、まず圧迫の原因がどこにあるのかを検査させて頂きます。

圧迫の原因を見つけ出し治療を行います。

骨格の歪みから椎間板にストレスが加わり神経の圧迫に繋がります。

歪みが原因の場合は、骨格矯正で歪みを取り、筋肉が硬くなっていると骨を引っ張てしまい

骨格の歪みの原因になるので、硬さをとる為に鍼灸治療も併用しながら治療を進めていきます。

早めの治療が大切なので、このような症状でお困りの方はご相談下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト