四十肩五十肩

症例解説, 首の痛み・肩の痛み

「40歳代以降に好発し、肩の痛みや腕が挙がらないなどの症状が起きるはっきりとした原因のない症候群。四十肩とも言う」と定義されています。

好発年齢は40歳代から多くなり、60歳代で、ピークを迎えそれ以降の年齢では減少していきます。

男女差は圧倒的に女性に多いです。

よく言う使い痛みとは違い、利き手と逆側になる傾向があり仕事も肉体労働者よりもデスクワークなどの事務作業をされる方に多いと言われています。

なのでここから考えられる原因としては、肩をあまり使わない仕事をしていて、筋力や柔軟性に乏しいが故に肩の機能が落ち、発症すると考えられます。

基本的には、1年以上2年以内に症状は良くなると言われていますが、2年以上の長期経過を見た報告では40~50%の方に程度の差はあれど何かしらの症状(痛みや可動域制限など)が残っていると言われています。

この何かしらの症状を抑えていくことがもっとも重要な所になってきます。

原因がわかっているのでなるべく早期に治療を開始し、痛みや可動域制限を除去し、日常生活に支障が出ない所に持っていくのが目標になるのではないかと思います。

一応報告では2年以内と記載がありますが、なにも治療をしなかった場合なので治療をすれば1年も2年もかかりませんのでご安心下さい。

四十肩、五十肩でお困りの方はぜひご相談くださいませ。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト