足の親指の裏が痛い (母指種子骨障害)

手の痛み・肘の痛み・脚の痛み, 症例解説

足の親指の裏が痛い (母指種子骨障害)

 

皆さんこんにちは。

今回は母指種子骨障害についてお話します。

 

画像は足を裏側から見た骨模型と実際の足です。

丸で囲んだ部分が“種子骨”と呼ばれるタネのような形をした骨が2つあります。

種子骨の周りには筋肉や腱が集まっていて、腱や靭帯の動きを滑らかにする働きや、体重の負荷がかかるときにクッションの役割を果たします。

 

この母指種子骨障害は、スポーツをしている方や学生の方がなりやすく、陸上やバスケットボールなど走ったり、ジャンプしたりする競技や、剣道や空手などの踏み込み動作が多い競技に好発します。

地面を蹴り出すとき、足底筋は緊張し、種子骨には引っ張られる力が加わり、この牽引力により種子骨が炎症を起こし痛みが出ます。

また、踏み込み動作による地面からの衝撃が種子骨に繰り返し加わり、炎症を起こし発生することもあります。

 

その他に先天性に内側の種子骨が2つに分裂している分裂種子骨があり、これが痛みの原因となっているケースや、土踏まずがしっかりし過ぎているハイアーチの場合は種子骨障害になりやすい傾向があるため注意が必要です。

 

日常生活では痛みが強いうちは運動を一時休止し、痛みの出る靴は履かないようにして足を安静にすることをオススメします。

足の裏にかかる負担を軽減するために、かかとの低い靴や、クッション性が高い靴、種子骨の所にパッドなどのクッションを入れて直接痛い部位に当たらないようにするなど、種子骨への圧力を軽減させてあげる必要があります。

 

当院では、根本原因を取り除く治療しております。

根本原因とは骨格の歪みを正しい位置へ治していく治療になります。

まず歪みは頭位から背骨へ起こります。

なぜ歪みが起こるかと言うと日常生活での姿勢が原因となります。

例えばスマホを長時間使用していると、自然と頭は下を向く姿勢が続きます。

すると、頭位は前方へ移動し、背骨は丸くなり、骨盤も前方へ移動します。

その結果、膝は曲がり足部へ負担がかかります。

足の痛みの原因は骨格の歪みから起こります。

チェック項目として以下の症状がある場合は母指種子骨障害が疑われます。

◎つま先立ちをした時に、足の親指の付け根が痛い

◎歩行時、走行時、地面を蹴る際に足の親指の付け根が痛い

◎足の親指の付け根を押すと痛い

 

痛みを我慢して足をかばってしまい変な歩き方になってしまうと身体の他の部分に負担がかかってしまいます。

足の裏に痛みを感じたら、早目にご相談下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ

// 電話カウントgoogleアナリスト