側弯症トレーニング

1921年ドイツ人Katharina Schrotによっって「シュロス法」という側弯症の保存療法が開発されました。ドイツでは保存的治療運動に基づく方法として最も認められ、ドイツでは保険適用となっています。

  • HOME
  • 側弯症トレーニング
側弯症

シュロス法で行う運動は、横方向のゆがみだけでなく、ねじれも考慮しながら側弯症のタイプに応じて3次元で状態を把握し運動を行っていきます。

当院では、その側弯症に特化して進化してきた「シュロス法」の方法論を用いた検査、評価に基づく姿勢改善のための徒手療法、それぞれのタイプに合わせたトレーニングの指導を行っております。お子様から大人の方まで、筋肉、骨格のプロフェッショナルとして質の高い運動療法を提供しています。

側弯症の対処としては、ご自身もしくは親御さんに正しい知識を理解して頂く事が大切です。丁寧に説明させて頂きますので、ご自身の側弯症がどういった状態、どういった分類になるのかをご理解頂き、週に1回通って頂きながら、ご自宅でもトレーニングを続けて頂くメニューとなっております。

側弯症

側弯症の改善は簡単ではありません。医療機関によっても知識量、見解に差があるのが現状です。当院では専門の勉強をしたスタッフが患者様と一緒に全力で治療に取り組みますので、まずは検査、説明だけでもお気軽にお問合せ下さい。

料金
6000円/1回 週に一回の通院となります

つくし電話番号

営業時間

 

アクセス

東広島市西条土与丸6-3-59-2 TEL:082-426-5602 地図をクリックすると大きくなります。

東広島市西条土与丸6-3-59-2